本館『Chaotic A』の更新報告やらオリジナルBL小説(短編中心)を書き連ねます。
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
02:34:40
舞台はいきなりダム・・・若い衆が一体何故?そう思ったら、釣りだったのね。夏目君の調子が悪いのが気にかかるところではあります。

『人がいる・・・』

あやかし2

と、ここでも一般人には見えないものが見えてしまいました。見ようによっては腰を振っている風にも見え・・・怪しいです。
『見えないのか』戸惑っていたら・・・何やら怪しい気配。ぶっ倒れます。目まいか?いや・・・。

たるさる

そんな夏目を見てニャンコ先生『軟弱なやつだ』夏目『うるさい』などと、いつも通りのやりとり。そんな時に外から声をかける存在が。名を、『垂申』という。水に沈んだ二葉村が出てきたのをいい機会に夏目に名前を返してもらいにきた様子。『押しかけさせていただきました』というのがお茶目。
とはいえ、塔子さんのお邪魔が入り、それは夜中にやることに・・・病人がやっていいんですかね。

夏目19

当然ぐったりします。ともあれ、名前を返してくれたお礼にと、タルサルは魔鏡で取り付いているものを見てくれる。

夏目20

恐い。夏目自身心当たりはあるようでしたが・・・考えてみたらそれ以前から調子悪かったような気も。

夏目21

自分のものにとりつくなんて生意気なということで、ニャンコ先生が払ってくれます。低級は頭突きをするだけで出てくれるので便利ですね。お見事。10.00(笑)。

燕

使用後です。どうしても会いたい人間がいるということで、夏目にとりつきました。
その人は谷尾崎さん。二葉村に住んでいたとのこと。笹田の尊い犠牲によって知ることができました。彼、美形なのに・・・飲料吹いちゃいかんだろう(笑)。

燕2

『夏目様、手をつないでもいいですか?』無言でもそうしてくれるのが夏目の優しさかもしれません。
それから燕がどの類の妖で、どうして妖になったかを知ります。『くだらん』と先生は一蹴しますが・・・。
ちなみに、燕は妖。夏目が見えるからと言って他の人にも見えるわけではありません。当然、谷尾崎さんにも見えませんでした。ぎりぎりまで粘ろうとする夏目に、ナイスなタイミングでタルサル現る。
四年に一度二葉村でお祭りがあるとのこと。
たるさる2

飲んだり、踊ったり、賭けをしたり、競争して優勝者には一晩だけ人間の姿になれる浴衣が贈られたり・・・文字通りお祭り騒ぎでフィーバーフィーバー。
当然夏目がそれに興味を持たないわけはなく、お祭りに行くことに。『ガキは好かんのだ』と言いつつ、ニャンコ先生も面倒みてくれるあたり、結構人(?)はいいですよね。ちなみに、斑にも肉球があることが判明(笑)。

とにかく、それで得た浴衣をツバメに渡すことに。
『燕、人を嫌いにならないでくれてありがとう』
『優しいものは好きです。温かいものも好きです。だから人も好きです。夏目様、ありがとう』


夏目22

思わず泣けてくるシーンです。今回の話の一番の見どころではないでしょうか。
人じゃないものばかり出てくる話のはずなのに、印象に残るのは人の温かさばかり。
ちなみに、燕はその後谷尾崎さんに会えたようです。夏目が涙ぐんだのが印象的でした・・・。

06:23:21
にゃんこ19

平和です(笑)。隣の塩がGOOD。夏目はレイコさんの遺品をごそごそやってます。その理由は『なんとなく』

「なんとなく・・・。相変わらずよくわからん奴だな」
「ついてるぞ・・・種・・・口の横・・・二つ」

にゃんこ20

「気にするな、何となくだ」

このゆるゆるなやり取りは何なんでしょうか?片言の夏目と、ひげみたいな種を気にしないニャンコ先生。絶妙です。

夏目18

何となく載せてみた(笑)。レイコさんが大昔に借りていた本に、切符が挟まっていた・・・。

エキストラ4

そんな切符を見て物思いにふける夏目でしたが・・・きつねうどんのきつねを先に食うか後に食うか論争が勃発。私は後に食う派(笑)。

「い、いや・・・俺は別にどっちでもいいかと」
「よくない!」
「きつねは後だ」
「きつねは先だ」
「その前に・・・あれはきつねっていうんじゃないんじゃないか」

それ自体はどうでもよいらしく・・・『絶交』という言葉まで出てくるのですが・・・あれ、笹田がいる。彼女に切符を見られ、追及が始まります(苦笑)。

夏目&笹田

その理由は言わずもがな。良く見るとティ●リアに似ているのは気のせいでしょうか。
そんなときに田沼ちさとの救いの手。GJ!なんでいたのかは知らん。そして、なんでニャンコ先生が先回りしていたのかも。
その駅、森口駅はすでに廃線となっていて、さびしげです。

あやかし

何かいるし・・・。彼(?)は夏目のことをレイコと勘違い。本人は死んで、落胆。『毛むくじゃら』はレイコと霧が沼に行く約束をしたらしい。しかし、約束は守られなかった・・・。
とにかくそんなこんなで夏目が一緒に行く羽目になったのですが・・・ニャンコ先生の
「まぁ、この手合いを愛らしいとみるか、鬱陶しいとみるかだな」発言に吹いた。
と思いきや、なぜか森に怨念が。しかも対象は毛むくじゃら。危険なのに付き合うニャンコ先生って結構人がいいですよね。
ちなみに、ミクリの正体は巨大なまず・・・。しかも強い。狙いは友人帳。

ミクリ

某未来人とは大違いですね(笑)。とにかく、ニャンコ先生のおかげで始末・・・したのですが・・・ケンカの原因はレイコに名前を奪われたからだそうで。「すっとこどっこい」とか「あんぽんたん」とか・・・。

で・・・すべての原因は・・・レイコさんのうっかり・・・。

ちなみに、きつね戦争を仕掛けた親友共は今度はタヌキ論争・・・かと思いきや、そこは笹田の一喝で封じられました。友情のあふれる心温かい話でした。

05:24:47
舞台は旧校舎という・・・いわゆるホラー?な話。肝試しってやつですな。それなりに大人数でやったものの、次第に人が消えてしまい、残ったのは夏目と委員長の笹田(+ニャンコ先生)だった・・・。

笹田

笹田。この眼の光具合が怖いです。彼女は夏目が何かを見えることを察知していました。そのため夏目を肝試しに引きずり込みます。夏目が彼女に怒るシーンはカットされちゃったんですね。

にゃんこ7にゃんこ8
夏目&にゃんこ夏目&にゃんこ2

なんともラブリーなニャンコ先生。肝試しに勝手にくっついてしまいました。面白そうだからとのこと。普段穏やかな夏目も、ニャンコ先生には喜怒哀楽を露にしますよね。ツンデレ?

西村西村2

この子、西村っていうんですね?やっとわかりました。案外この子も可愛いのですが・・・このあと時代劇にありがちな階段を転げ落ちて拉致られる羽目に。

にゃんこ9にゃんこ10

女の子にも容赦のない先生。笹田を妖だと思ったようですが・・・これって少女漫画ですよね?
ちなみに、女子高生にも化けられます。なぜ女子高生かといいますと・・・なんでだっけ?忘れました(笑)。ダンディーなおっさんにも化けられることは確か。

時雨様

時雨様。招福の若神様だったのですが、強欲な商人に閉じ込めてからは妖に。ただ、彼自身は妖になっても心やさしい部分のある人だったんですよね。自分が触って笹田を汚してしまうことを恐れていたようです・・・。彼女に触れた時が感動モノでした。

次回は・・・アニメオリジナルの話ですか。オチを知らないので非常に楽しみです。

12:52:03
今回の話も人と人、人と妖の繋がりが描かれていて、非常に心温まる話でした。とくに妖はいろいろと個性のある方ばかりで面白いです。
夏目くんとニャンコ先生のやり取りでは笑わせてくれる一方で、最後の田沼(親+子)とのやり取りはなんかほろりとしてしまう。
ですが、個人的には妖が変身してまでも夏目に会いに来る・・・というシーンが何か切なくて好き。女性の姿でしか出ていないところが、特にぐっときます。あのあと彼女(?)と夏目がどうなったのかが気になるところです。

夏目9

それがこれ。夏目も若いころはショタだったんですね。さすがにショタに走るわけにはいかないのでそれに関するコメントは差し控えますが、夕日がなんだか哀愁誘いますね。この女のひと、一般人には見えないんです。
ちなみに、今回のキャプチャは夏目オンリーで。ニャンコ先生+αはまた分けて書きますね。

夏目10夏目13

夏目の寝顔は可愛い(笑)。思わずやさしい気持ちになれそう。抱きつかれていることに関してはノーコメント。うらやましい。それはともかく、右の少年も結構いい線行ってますよね。
ちなみに、左と右の少年、未だにどっちがどっちなのかわかりません。

夏目14

眠そうな夏目もラブリー。

夏目15

バレーボールがぶつかってこんな顔。体操服萌え?

夏目16

この顔で結構手が早い。さすがティ●リア(大ウソ)。『セクハラ妖怪』と言ってましたが、一体ナニをされたのだろう?気になるところではあります。

夏目17

夏目貴志といえば、大人しそうな見かけに反し、いつでもどこでも走っているというイメージがありますが、今回も走っています(笑)。だからこそ、夏目友人帳なのです。

08:35:43
ストーリーの印象なんですが・・・肝心なところが端折られたのが残念。ニャンコ先生と露神のじーさんが飲んだくれてるところが削られたので、何で夏目がビビっていたのかがよくわからなくなってしまったんですよね。あれは友人帳以外にも理由があるわけで。
あとは、最後に原作ではじーさんが先生に向けての言葉があるはずなんですが・・・それも削られたか。あれがあの話では非常に重要なんですけどね・・・。
でも、饅頭泥棒に関しては好きです(笑)。あの夏目くんの気持ちを台無しにしてくれるニャンコ先生が最高!

ニャンコ先生


そんなわけで、このアニメではニャンコ先生の華麗すぎる動きに注目したいところ(笑)。いろいろな顔を見せてくれ、実に飽きません。

夏目4


名前をしてぐったりしている夏目。何か色っぽい(大ウソ)。

夏目5


美少年ですが、ニャンコ先生が絡むとこんな顔もします。

夏目6


放送禁止になるかと正直びくびくしていましたが、原作どおりにやってくれました。名(迷?)シーンです。妙にこの描写に力が入っていたのは気のせいか。いや、気のせいではないでしょうな。ちなみに、露神のじーさん発見時。

夏目8


・・・。
いや、何と言いますか。入浴シーンです。そんなの見りゃわかります。ただ、夏目くんのすべすべな裸体が・・・。かなりモザイクが入っているとはいえ、これは鼻血もの。もっと脱いで見せてもらいたいものです。抱きしめたくなります。

プロフィール

秋山氏

Author:秋山氏
カオスに無節操にいろいろ書いていくことにします。
当然ここにはアレな話題もあるかもしれませんので要注意です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
本館ブログ&サイト
FC2カウンター
ninja
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。